買い物の時間帯を決めて、値引きシールを狙っています

普通主婦なら昼間の空いた時間に買い出しに行くかと思います。でも、一人暮らしの時に、仕事の帰りに値引きシールの貼ってあるやつを買って帰るのが常だった私にとって、定価で買うなんて勿体ないという気持ちがいつもあります。なので、その日すぐ使うものを買い足しをする時だけでも百貨店の地下で買い物する時には18時半以降に、スーパーも19時など少し遅めに行ってささっと買って節約しています。

お米、果物、飲料は通年してふるさと納税の返礼品でまかない、野菜は八百屋、その他をスーパーで購入することにしています。同じスーパーに通い、基本的にはポイント5倍デーで購入し、ポイントが普通の日に買う時にはポイント利用で購入額を減らしています。

お惣菜を買うと値段が一気にあがってしまうので、空腹時に行くと買ってしまいやすいことから飲み物を飲んでから出発するようにしています。そうすると、回避できます。炭酸飲料は買わず、自宅の炭酸メーカーを利用しています。4年間フル稼働です。食費は削りすぎると気持ちが卑屈になるので注意が必要です。

厚生省での世帯平均など調べて自分の家庭に見合った金額を設定することが大切です。家計アプリを使えば、始めの設定をよく考えて行えば、あとはグラフ化などわかりやすく可視化してくれる時代ですのでそれを励みに頑張れます。