冷蔵庫のものを使い切って無駄な食材をなくそう

最近よく聞く「食品ロス」という言葉。

まだ食べられる食材を食べきれないために廃棄したり、うっかり賞味期限が切れてしまって捨ててしまったり。

この食品ロスですが、飲食店が圧倒的に多いかと思いきや、実は自宅からのロスも相当多いみたいです。

買い物に行くとき、冷蔵庫の中に何がはいっているか忘れてしまって、ついつい無駄なものを買ってしまうということはありませんか?

または冷蔵庫のものの陰から、購入したことを忘れていた食べ物がポロポロ出てきたり。

食べようと思ったら賞味期限が切れててとてももったいないですよね。

今回は食品ロスをなくして節約する方法を紹介します。

やり方はとっても簡単、献立を作るだけです。

スーパーで買い物するときに、安売りしてる食材や旬の食材をメインに購入していくわけですが、その食材をベースに献立を考えます。

今はスマートフォンで使える優秀な献立アプリもありますし、食材ごとに検索できるのでとっても便利。

そして買い物して帰ったら、購入した食材で出来る献立を一気に作ってしまいましょう。

毎日「今夜何にしよう?」って考える時間も減りますし、食材ロスもなくなるので一石二鳥です。

私はこの方法にしてからうっかりミスで食材を捨てることはほとんどなくなりました!

買い物した商品を捨てるということは、そのままお金を捨てているようなものですから、とっても節約になります。

こまめに買いものに行けるという人は、数日以内に使い切れそうな食材しか買わない、という方法もあります。

いつも新鮮な食べ物が購入できますし、お買い得品なんか買えちゃったりするので、献立を作るよりもよりお勧めです。